FC2ブログ
大手不動産トップ営業マンの私まーすけが、人生においてためになるであろうことを偉そうに語ってます・・笑
  管理人まーすけからのお願い  
ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとBlog更新の励みになります。

出版関係の皆様、本の出版依頼心よりお待ちしております笑

2018/08/15(水)14:55
毎日毎日、不動産のチラシがポストに入ってて、ごみが増えて困る・・という声をよく聞きます。

不動産市況が活況の今、地場の小さな不動産屋さんも、積極的にチラシを撒くようになりました。

大手の場合、自分で散らしを撒くことの方が少なく、ほとんどがチラシ配布スタッフの方や、チラシ配布業者へ依頼をして配布してます。

特にマンションは配布しやすいので、毎日毎日凄い量のチラシが入っているかと思います。

そして、そのチラシの中には、このマンション限定で探している人がいるので、売ってもらえませんか?というような、目を引くような中身のものがあったりします。

実はコレ、大半が嘘と思ってもらった方がいいです^^;

実際にはそんなお客様がいなくても、見てもらうため売ってもらうために、好条件で買ってくれる人がいるようなチラシにしているのです。

また最近はDMが郵送で送られて来ることも多くなったと思います。

ピンポイントで送られてくるわけですから、ほんとにいるのかなと思っちゃいますよね^^;

私たちはとにかく、売り反響(売りたいという人からの電話)を取得するために必死なんです笑

インターネットでのお問い合わせが増えている時代ではありますが、まだまだ高齢者を中心に紙媒体を見て連絡される方が多いのので、今後もチラシがなくなることはないでしょう。

私たち自身、毎日大量のチラシを刷っていて、紙(資源)の無駄遣いだなぁと感じています。

例えば不動産のチラシは禁止というような法律ができるだけで、資源の無駄遣い削減に凄まじい効果が期待できると思いますけどね^^;
2018/08/10(金)00:52
実は先週引っ越ししてて、ブログ書けませんでした~m(__)m

次異動になったら引っ越ししようと思ってましたので、予定通り実行したのですが、なんでもっと早くしなかったのかと思うくらい快適です♪♪

今までの家は狭かったし、いろんな小さいストレスがあったのですが、新しい住居は築浅で広くて、日頃の生活上でのストレスは全部吹っ飛びました!!

やっぱり日頃の小さなストレスを解消することって大事だなぁと思いました。

皆さんも今の住居にストレスを感じていることが多くあるのであれば、引っ越しすることをお勧めします!

毎日快適に過ごせること間違いなしですっ!!

しかし、引っ越しすると一つだけ大きな問題が私にはあるのです。

それは、、、

多すぎる住所変更。。( ノД`)

銀行、証券会社、為替会社、仕入先、保険、税理士、クレジットカード、不動産登記、管理会社などなど、ざっと数えてみましたが全部で70件ほどの住所変更が必要なんです^^;

やってることが多いと、こういうことが大変になります。

この機会に使ってない口座やカードなどを解約しましたが、それも10件ぐらいしかありません。

今は個人情報だのセキュリティだので簡単にはできないですし、上場企業の社長さんなどはどうやって処理してるのか不思議でなりません・・

久々に使うものはIDやパスワードも忘れてたりしますしね^^;

これを一括で依頼できるようなシステムないのかなぁ・・

今日も一日中手続きしてましたが、明日もこれで一日潰れそうです笑
2018/07/25(水)23:26
不動産仲介業大手の仕事のほとんどは、実は地味な種まきです。

種まきとは、物件を売りたいという方(査定してほしい方)を探すための活動です。

今は、ネットで一括査定を依頼する方が多いですが、これは受け身の種まきです。

自分で行う種まき活動は、「売却物件求む」といったようなチラシを撒いたり、新聞折り込みに入れたり、ダイレクトメールを送ったりと様々です。

マンションはチラシを入れやすいため、分譲マンションにお住いの皆様は、毎日多くの不動産チラシを見ているかと思います。

またダイレクトメール(DM)が自宅に届いて、なぜ所有者を知っているのか、なぜ自宅の住所を知っているのか、と質問の電話をよくいただきます。

これは法務局に行けば、誰でも簡単に所有者事項を確認できます。

今は登録されていればネットでも登記事項を簡単に取得することができます。

そこで所有者の名前と住所を調べてDMを送っているのです。

さらに気持ち悪いと思われるのが、相続登記をした瞬間にDMが届いた時です。

なぜ相続したことを知っているの?となりますが、実はこれも法務局に行けば行政文書といって、相続や差し押さえなどの売買以外の何らかのきっかけで登記情報に変更があった物件を調べることができます。

それで相続が発生している人をピックアップしてDMを送っているのです。

実際にここからの反響は多いです。

相続で取得したけど、利用予定はないので売却しようかと考えている人はたくさんいますからね。

このように個人情報に敏感になった世の中で、登記関係だけは法務局で簡単に取得できます。

今後気持ち悪い手紙が不動産業者から届いても、ビックリしないでくださいね^^;
2018/07/18(水)15:27
先日の連日続いた大雨はすごかったですねぇ。

私も福岡に住んでいるので、どのぐらい凄かったかを目の当たりにしましたが、私が生きてきた中で、最も長く強く降り続いた大雨だったと思います。

最近は震災が頻繁に起こるようになり、震災への準備と知識が必要な時代になってきました。

そして被災者の方は、連日テレビで放送されているように、大変な思いをされているのではないかと思います。

しかし、こういった時にテレビを見ていると、いつも違和感を覚えることがあります。

自治体の対応と国の支援についてです。

震災があった時には、必ずと言っていいほど自治体の準備や対応について批判の声があがるとともに、国が大きな支援をすべきだとの声があがります。

果たしてそれが正しいことなのでしょうか?

私はあえて厳しく、一般論とは逆の目線で、震災について考えたいと思います。

国や自治体が、これだけ頻繁に起こる震災について、お金をかけて万全の態勢を整えることは、当然のことだと思います。

何も準備をしなければ、多くの人が犠牲になることはもちろん、被災地は混乱し大変なことになるでしょう。

予防にかける費用よりも多額のお金が必要となることも容易に想像できます。

しかし、万全の態勢を整えることは国や自治体が行えば、私たち個人は何も考えなくていいのでしょうか?

私が最も違和感を覚える点はこれです。

今回の大雨による震災で、特に強く感じました。

地震は日本全国どこでも起きるもので、予測や対応が非常に難しい震災です。

しかし、大雨による災害は、予測が難しくない上に、既に行政の方でハザードマップ等の告知を行っています。

それを分かったうえで、あえてそこに住むことを選んでいるわけですから、実際に震災が起こったからといって、自治体を非難したり国に大きな支援を求めたりするのは、やはり違和感を覚えます。

そしてそれに対して、批判を恐れ、視聴者ウケするようなことしか言わない解説者やコメンテーターにはもっと違和感を覚えます。

どんなときにも、どんなことでも、自由には責任が伴います。

災害が起こることを予測しやすい地域に自ら選んで住んでいる人は、自分で責任を取るべきです。

話が大きくなりますが、日本は弱者に対して、とても寛大な国であり、助けることが美徳といった文化があります。

しかし我々も動物界の一種でしかありません、原理原則を思い出してください。

弱者は消え、強者だけが生き残る、これは変えようのない、不変の事実です。

これを変えようとすればするほど世の中は歪んでいき、強者も滅びるのがこの世なのです。

厳しすぎる言い方かもしれませんが、もっとこの当たり前のことを我々国民はもっと知るべきです。

生活保護も問題になっていますが、これも歪みの一つであり、まったくもってあり得ない制度です。

人や国に頼らなくていいように、もっと一人一人が自立した考えを持つべきです。

今回の震災の件でいえば、ハザードマップや土砂災害警戒区域等で、震災の予測が可能な地域に住んでいた人とそうでない人の支援待遇はやはり同じであってはならないというのが私の考えです。

皆さんはどう考えますか??
2018/07/11(水)01:38
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい会社(借り手)とお金を運用して増やしたい人(貸し手)をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディング事業を運営する会社は、インターネットを活用し、ウェブサイト上で資産運用したい個人から小口のお金を集め、その資金を企業に融資します。

例えば、借り手に対して15%の貸出金利で融資を行い、ソーシャルレンディング運営会社が5%の手数料を取得すると、個人には10%の利回りが分配されます。

私は、投資の一つとしてこのソーシャルレンディング大手のmaneoと同じシステムであるグリーンインフラレンディングというサービスを利用していました。

ところがグリーンインフラレンディングは、集めた資金を、本来融資しなければならない事業ではなく、異な る事業等に一部資金を使用していたことが発覚しました。

完全に投資家を裏切る行為であり、信頼を失う行為をしたといえます。

大手ソーシャルレンディング企業が、こんなことになるとはビックリしましたが、やはり投資の世界は怖いですね。

私は、リスクヘッジとして、短い期間の融資しかしていなかったので、既に全額回収済ですが、現在融資中で回収できない方も多いかと思います。

投資の世界はいかにリスクヘッジできるかが重要です。

まぁビジネスの世界も同じですが。。

ただ、このソーシャルレンディングというスキーム自体は、非常に優れたものであり、実際私は200万円を投資して、半年で207万円になって戻ってきました。

銀行に預けるよりはマシですよね!?

実際私はそんな感覚で投資していました。

金貸しの場合は、融資先に対してしっかりとした担保が取れているかを確認することが重要です。

maneoは利回りが低いため、今のところする予定はありませんが、また高利回りでしっかりと運営してくれる会社が出てくることを期待したいと思います。
メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
リンク
 | 不動産トップセールスマンの自己啓発と副業TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX