日々の生活で感じたこと考えたことを記録するブログ。少しでも皆さんの参考になれば幸いです♪
2009/10/28(水)03:07
私は分散投資はやはり必要だと思います。

ただ理想は一転投資だとも思っています。

分散投資を説明するとき、「一つの籠にすべての卵を入れるな」とよく言われます。

ウォーレン・バフェットのような銘柄選択眼があれば、最も良い銘柄に一点投資した方が良いパフォーマンスが得られるはずです。

一番良い銘柄が一番上がる可能性が高いわけですから、それだけに投資した方が成功する可能性が高いのは当然ですよね。

しかしここで言えることは、どんなに素晴らしい会社(投資)でも何が起こるか分からないということです。

その会社の存続を脅かすような不祥事、事件はいつ起きるか分かりません。

そしてそれは、ウォーレン・バフェットであろうとわかることではありません。

だから分散投資が必要なんです。

さらに、どんな投資をやるか(不動産、株、FX、金など)を考える時も分散投資の考え方が必要です。

例えば株だけですと、不景気の時はどんなに優れた会社でもほとんどの銘柄が下がってしまいます。

不動産も同じです。

逆に金は、リスク回避の状況で買われることが多いので、上がっているでしょう。

ですので、株だけに投資、不動産だけに投資など、投資の種類が偏ることも避けた方が賢明です。

分散投資は、最悪なことを想定したリスクに備える方法として、必ずやっておくべきことです。

ぜひ自分にあった分散投資を見つけ出し、最高のポートフォリオを作りましょう♪
2009/10/08(木)02:34
私は完全なる長期投資派ですが、その理由を説明したいと思います。

簡単に言えば、短期投資は投資ではなく投機であり、損している人が多く、うまくいったとしても時間的な拘束が長いため、仕事とあまり変わらないからです。

一般的に長期投資はファンダメンタル重視、短期投資はテクニカル重視になります。

私は短期投資をあまりやったことがないので断言はできませんが、テクニカル分析をあてにしたら痛い目にあうと思います。

テクニカル分析は、証券会社などの営業マンがお客様に短期売買させるための口実です。

短期売買の場合、市場が開いている時間はパソコンの前に張り付いていないといけません。

その時間働いていた方が、よっぽど稼げます。

投資は、より広く、長期的な視点と、明確な出口戦略が必要になります。

そしてなによりも長期的な予想はしやすいのです。

これから発展しそうな国、必ず必要になってくる業種(環境、介護etc)など、誰でも簡単に予想できると思います。

そういったものに投資して、あとは放置する方が、健康的でリターンも大きくなる可能性が高いのではないでしょうか。
メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
リンク
メールマガジン
オススメFX会社    (トラリピ)

マネースクウェア・ジャパン

特許取得の取引注文「トラップトレード注文」が出来るのはここだけ!

オススメFX会社    (通常取引)

DMM FX

口座数国内No.1!今なら口座開設で20,000円キャッシュバック中!

外為オンライン

過去5年連続年間取引高No.1!情報力に定評ありです!

 | 自遊人まーすけの最幸思考録TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX