大手不動産トップ営業マンの私まーすけが、人生においてためになるであろうことを偉そうに語ってます・・笑
2017/09/19(火)18:01
オテル・ドゥ・ミクニというレストランをつくった三國清三さんというシェフのお話をご紹介します。

三國さんはフランス料理の第一人者です。

三國さんは北海道の札幌グランドホテルで修業し、花形シェフになった後、当時日本一のホテルである帝国ホテルで頂点を目指しました。

そのときの総料理長は「ムッシュ村上」と呼ばれていた村上信夫さんで、日本のフランス料理界で最高峰とされていた方です。

三國さんは初日に、その村上さんから「鍋でも洗ってもらおうか」と言われます。

三國さんは、「札幌で人気シェフだった俺に、鍋洗いをさせるとはどういうことだ!」と思ったそうですが、「それなら三國の鍋洗いを見せてやろう」と、その日は徹夜で鍋の取っ手のネジまで外してきれいに磨き上げたそうです。

村上さんはそれを見て、「きれいに洗えていたね」と言ったそうですが、三國さんが「今日は何をさせてもらいましょう?」と尋ねたところ、「そうだなぁ、鍋でも洗ってもらおうか」と言ったんです。

そして、そのあと三國さんは2年もの間、鍋洗いをし続けたそうです。

もちろん、悔しかったそうですが、手を抜くようなことは一切しなかったそうです。

ただ、さすがにこのままここにいても料理の腕は上がらないと思って、村上さんに辞めることを伝えようと考えていた時です。

逆に村上さんに呼ばれ、「来月から、スイスの日本大使館の料理長をやってもらう」と言われたそうです。

当時三國さんは二十歳。しかも鍋洗いばかりして料理なんて、ほとんどやらせてもらっていません。

大抜擢すぎて、周りの人は猛反対したそうです。

そのとき村上さんは、「鍋洗いひとつ見れば、その人の人格がわかる。技術は人格の上に成り立つものだから、あいつだったら間違いない」と言って、押し切ったそうです。

この話を聞いて、みなさんはどう思いますか?

私が感じたことは、すべての仕事は人格の上に成り立つものであり、良い仕事は良い人格があってこそできるということです。

私はこれまで様々な仕事をしてきましたが、このことは本当によく感じますし、見てきました。

結局はすべて人です。

人格が見られたうえで、すべての判断は行われるものであり、これはどの業種・職種でも共通しています。

人生・仕事がうまくいかないという人は、まず自分の人格を顧みる必要がありそうですね。
2017/09/12(火)19:10
最近感じたこと。

噂って怖いですよね。

瞬く間に広がりますし、それがまだ事実であれば良いのですが、人を介すれば介するほど事実とは異なる方向へ、より大袈裟に広がっていきます。

私が気を付けていることは、人がしている他の人の話を信じないということ。

興味があるのであれば、必ず本人に確認する。

特に悪口である場合は、要注意です。

必ず相手にも言い分があるものですし、人の悪口は自分が都合の良いように味付けして伝えることが多いからです。

聞いたら当たり前のように思うことかもしれませんが、これができる人は非常に少ないと感じます。

他人の噂や、他人同士の争いごとには首を突っ込んではいけません、いいことないです。

ちなみに例えばAとBがけんかし、AがBのことをCに悪く言ったとします。

確認のためにBに話を聞いた時、BはAのことをまったく悪く言わなかった場合、あなたはAとBどちらを信用しますか?

もしくはどちらが大人だなぁと思いますか?

人のことは話さないように気を付けましょう。

その人のことを知り尽くしているわけでもないのですから。
2017/07/13(木)01:38
愚かな人は、賢い人が言っている言葉にすら学ぼうとしないのに、賢い人は、愚かな人が言ったその一言にも、学ぼうとします。

これは単に姿勢(意識)の違いです。

わかりやすくするために、愚かな人と賢い人という言葉で表現しましたが、要は賢い人は学ぼうとする姿勢を常に持っているので、どんな人が言った言葉でも学ぶことができるということです。

ではなぜ違いが生まれるのでしょうか。

それは人それぞれの「向上心」と「素直さ」の違いが生み出すものだと思います。

向上心があればどんなことでも、学ぼうという姿勢を持つことができ、素直さによって、プライドを捨て、教えてもらうという謙虚な姿勢を持つことができます。

新入社員を何人も見てきて思うのは、この二つの要素を持っている人は、よっぽど能力がない人でない限り、速いスピードで成長しています。

さらに言えば、残念ながら能力が低くても、向上心と素直さを持っていれば、少なくとも先輩に可愛がってもらえます。

先輩に可愛がってもらうことができれば、いろんな意味で自分のポジションを確立でき、社会人生活を楽しむことができるでしょう。

もう一度言います。

社会人として成功するための最大の武器は「向上心」と「素直さ」なのです。
2017/06/29(木)02:21
不思議なもので、自分だけが得をしてやろうなどと、自分のことばかり考えているときは、なかなか思うようにはいかないことが多いものです。

しかし、相手のことをまず考えて、相手が得をするような行動をしたときに、結果として自分も利益を受けていることがよくあります。

たらいの水の中に入り、水を自分の方に寄せようといくら手を動かしても、動きを止めると水の動きも止まってしまいます。

逆に向こう側に水を送るとたらいの側板にぶつかって、自分の方に跳ね返ってきます。

人の生き方もこれと一緒で、まず相手のことを思いやって行動すれば、結果的にたくさんのものが自分に返ってくる。

よくWIN・WINの関係と言いますが、頭の中だけで分かっているうちはなかなかできないものですが、この関係がよくある業界や経験をすると、このことが身に染みるほどわかってきます。

簡単なようで、その状況になるとなかなかできないことですが、知っておくだけでも価値あることだと思います。
2017/06/15(木)00:23
「人材ではなく人財」などということをよく聞きますが、実は4種類の人材があることをご存知ですか?

「人罪」「人在」「人材」「人財」です。

「人罪」は、罪な人ですから、トラブルを起こして人に迷惑をかけたり、パワハラ・セクハラをしたり、会社や人の悪口ばかり言ったりするなど、会社にとって良いとは言えない人です。

「人在」は、存在する人ですから、ただそこにいるだけといった人です。

「人材」は、材料ですから、仕事はきっちりできて、技術も知識もありますが、もし辞めてしまっても他の人で補えるような人です。

「人財」は、財産となる人ですから、代わりはいないような、会社にとって貴重な存在の人です。

さて、あなたはどれに当てはまりますか?

人財になんてなれないと思った人。

人財になることは実は決して難しいことではありません。

「人間性」と「目的」さえしっかりと持っていれば、その会社の人財になれるはずです。

人間性が高い人は人罪になることは避けられますし、しっかりとした目的を持っている人は人在や人材になることはないでしょう。

目的を持っていれば意識が変わり、意識が変われば行動(態度)が変わり、行動が変われば人の見る目が変わります。

どうですか?何となくイメージできた方もいるかと思いますが、決して難しいことではないのです。

今一度、自分の人間性と今の仕事をしていることの目的を考えてみてください。

明日からの行動が変わるといいですね。
メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
リンク
おすすめFX会社    (トラリピ)

マネースクウェア・ジャパン

特許取得の取引注文「トラップトレード注文」が出来るのはここだけ!

おすすめFX会社    (通常取引)

DMM FX

口座数国内No.1!今なら口座開設で20,000円キャッシュバック中!

外為オンライン

過去5年連続年間取引高No.1!情報力に定評ありです!

おすすめクレジットカード

楽天カード

8年連続顧客満足度No.1クレジットカード!

楽天カード

おすすめの本      【自己啓発】
おすすめの本      【経済・投資】
 | 不動産トップ営業マンの自己啓発と資産運用TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX