大手不動産トップ営業マンの私まーすけが、人生においてためになるであろうことを偉そうに語ってます・・笑
2018/02/14(水)15:46
大学3年生はそろそろ就職活動が始まると思います。

やりたいことがはっきりしている人は、それに向けて邁進するだけなので良いのですが、やりたいことがわからない人は難しいですよね。

一生の仕事になるかもしれないわけですから、慎重にもなりますし。

私が就活中の皆さんに言いたいことは、就職するために就職活動をしてほしくないということです。

就職しても、その企業でどんな目的(目標)を持って、どれだけ良い仕事ができるかが重要なわけですから、就職イコール終わりではないわけです。

条件の良い企業に就職するために、資格を取る人も増えていますが、資格も合格するために取るのではなく、その資格が今後どう生かせるのかを考えながら勉強したらいろんなことが見えてくると思いますよ。

私も大学3年生で、就職活動をしなければならない時期、もがきました。

やりたいことが分からず、自分が飽き性であることを知っていたため、何となく就職してもすぐ辞めることがわかってましたからね^^;

結局就活することなく、一社も受けませんでした。

ただ、私はフリーターをするのであれば、必ず有意義な一年にしようと強く思っていました。

そして何をしたかというと、いろんなジャンルの本を読み漁ったわけです。

読んでいくうちに、気付いたらいつの間にか経済や投資、自己啓発の本をよく読むようになっていました。

自然と自分が興味あるものしか手に取らなくなるものです。

そして無事やりたいことを見定めることができ、一年後証券会社に就職したわけです。

とにかく焦らず何でもしてみることです。

やってはいけないことは停滞・・

動き続けていれば、いつまでもやりたいことが見つからないこともないでしょう。

もがくこともまた必要なことです、頑張ってくださいね!
2017/11/14(火)18:20
企業が抱える現金と預金が、2016年度末に211兆円と過去最高に膨れあがっているようです。

しかし人件費はほぼ横ばいで、企業の利益が働き手に回らない構図があらためて鮮明となりました。

私はバブル崩壊以降、日本の景気が良くならない(景気が良いと感じることができない)理由の、最も大きな問題がこのことだと思います。

日本の企業は90年代の金融危機や08年のリーマン・ショックを経て、国内で正社員を増やしたり、設備投資をしたりするのを手控えるようになりました。

そして巨額のもうけは、賃金や設備投資増に回らず、長い間現預金などに向かっています。

これは日本人特有の、安全志向のような性格的な要素も影響しているのだと思います。

通常であれば、利益が出たら設備投資や人件費にまわす→給料が上がりお金が使われる(設備投資でお金が使われる)→さらに景気が良くなる→利益が増える、というような好循環になるはずです。

しかし現状は企業が利益を蓄えているため、サラリーマンまでその恩恵が得られることなく、景気が良いと騒いだところで実感がない状況が続いているわけです。

こういった状況こそ、政府の政策によって打開していかなければならないと思います。

最終手段である増税などで、国民に負担を強いるのではなく、増税をしなければならない状況を作った根本的な理由を考えてほしいものです。
2017/06/21(水)01:14
近年、誰かの発言に対して炎上することが増えてきたように感じます。

最近ではNMB48の須藤凜々花がAKB総選挙で結婚宣言をして、炎上してましたよね・・

あの場で発表するとどうなるかということが、想像できなかったのだと思います。

炎上するような発言は、その発言をすることで誰がどのようなことを感じ、どのような影響を与えるかということが想像できないがために起こることだと思います。

では、なぜ近年こういったことが増えているのでしょうか。

私は、怒られることが少なくなったことに原因があるのではないかと感じています。

私たちの幼少期は、親や先生から殴られるのは当たり前の時代で、人から怒られることが多々ありました。

その度に、怒られる言動とは何かということを自然と身につけたように思います。

そして何より重要なのは、怒られるのが怖いがために、何か言動を起こすときは、その言動は怒られないかという想像をしていたということにあると思います。

現代の若い人たちは、怒られることが少なくなっているので、こういった想像力が欠如しているのです。

ただ、こういった社会を作ったのは大人であり、責任は大人にあるし、彼らは犠牲者なんだけどなぁ・・
2016/02/12(金)23:34
今世界では自国の利益を優先した争いがあからさまに行われています。

最もわかりやすいのが、資源確保を目的とした国境争いです。

資源には限りがあるのは確かです。

しかし、「資源確保=豊かさ」ではないはずです。

豊かさというのは、すべての人に行き渡るほど十分にあります。

重要なことは、どれだけ大きなパイの一切れを手に入れられるかということではなく、どれだけ大きなパイを作れるかということです。

世界各国が協力して、このパイを広げる活動をしてほしいものです。

果たしてその日は来るのでしょうか。。
メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
リンク
おすすめFX会社    (トラリピ)

マネースクウェア・ジャパン

特許取得の取引注文「トラップトレード注文」が出来るのはここだけ!

おすすめFX会社    (通常取引)

DMM FX

口座数国内No.1!今なら口座開設で20,000円キャッシュバック中!

外為オンライン

過去5年連続年間取引高No.1!情報力に定評ありです!

おすすめクレジットカード

楽天カード

8年連続顧客満足度No.1クレジットカード!

楽天カード

おすすめの本      【自己啓発】
おすすめの本      【経済・投資】
 | 不動産トップ営業マンの自己啓発と資産運用TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX