大手不動産トップ営業マンの私まーすけが、人生においてためになるであろうことを偉そうに語ってます・・笑
2018/01/10(水)01:31
皆さんは、誰かと話をするとき、よく質問をする方ですか?される方ですか?

私は圧倒的に質問をする方です^^

それは特に何か考えてそうしているわけではなく、単純に相手に興味があるから自然と質問が多くなってしまいます。

でも積極的に質問をするのは、実はとても良い効果を生み出します。

まずは、あなたに興味があるということを相手に知らせることができる。

誰でも自分に興味を持ってくれたら嬉しいですよね♪

さらに質問をした後の返答で取るリアクションも大事です。

相手に対して「すごい!」という言葉をよく使ってみてください。

相手に感銘を受けたことを伝えると、相手はあなたを「感じのいい人」と判断します。

逆にたいしたことないという態度を取ると、相手はあなたを「愚かな頑固者」と判断します。

ある人が2人の友人と話をしているとします。

一方は話をよく聞いて「すごいね!どうやってそんなことできたんだ?」と興味を抱き、他方は「そんなのたいしたことない、私の方がすごいよ」と言う。

どちらの友人が好印象を与えるかは答えるまでもありませんが、実はこれが出来ない人が意外に多い。

相手に好印象を与えたいならば、相手に感銘を受けたことを伝え、相手に重要感を持たせることです。
2017/12/30(土)15:18
「与えるものは魅力が増し、求めるものは魅力が減る」という言葉があります。

自分が欲しいものを求めてしまうのが人間の性ですが、実は求めれば求めるほどその人の魅力は減っている可能性が高いと思っていいでしょう。

例えば、幼稚園の子どもたちに「チョコレートあげるよ」と言うと、それだけで子どもたちはあなたの周りに一斉に集まってきます。

逆に、子どもたちが持っているものを「それちょうだい」と求めた瞬間に、子どもたちは逃げていなくなってしまいます。

人は自分が欲しいものを与えてくれる人の元に集まり、自分から何かを奪う人からは離れていくのです。

当然これは、子どもたちに限った心理ではなく、人間にとっての不変の法則です。

人を喜ばせれば、その分、もしくはその何倍にもなって喜びが返ってきます。

忘れがちで、遠回りのような法則ですが、常に意識しておきたい法則です。
2017/09/12(火)19:10
最近感じたこと。

噂って怖いですよね。

瞬く間に広がりますし、それがまだ事実であれば良いのですが、人を介すれば介するほど事実とは異なる方向へ、より大袈裟に広がっていきます。

私が気を付けていることは、人がしている他の人の話を信じないということ。

興味があるのであれば、必ず本人に確認する。

特に悪口である場合は、要注意です。

必ず相手にも言い分があるものですし、人の悪口は自分が都合の良いように味付けして伝えることが多いからです。

聞いたら当たり前のように思うことかもしれませんが、これができる人は非常に少ないと感じます。

他人の噂や、他人同士の争いごとには首を突っ込んではいけません、いいことないです。

ちなみに例えばAとBがけんかし、AがBのことをCに悪く言ったとします。

確認のためにBに話を聞いた時、BはAのことをまったく悪く言わなかった場合、あなたはAとBどちらを信用しますか?

もしくはどちらが大人だなぁと思いますか?

人のことは話さないように気を付けましょう。

その人のことを知り尽くしているわけでもないのですから。
2016/02/12(金)23:52
よく類は友を呼ぶと言いますが、自分を取り巻く環境が自分の人生を決めていると言っても過言ではありません。

家族環境、仕事環境、友達関係などが大きく関わっています。

例えば、あなたの年収は、あなたの親友10人の平均年収である可能性が高いと思います。

友達でも、同じステージにいないと、考え方や話す内容、遊び方など多くのことが違ってきます。

自然と自分に似た環境の人が集まるようになっているのです。

逆にいえば、最初は無理をしてでも、望んでいるステージにいる人と、できるだけ多くの時間をともに過ごすことで、気付いたらそのステージに立っている可能性は高くなっているということが言えると思います。

またエネルギーは必要ですが、自分がその環境を変えることもできるでしょう。

この機会に、今自分が身を置いている環境を振り返ってみてはいかがでしょうか。
2012/08/15(水)11:43
ニーチェはこのようなことを言っています。

『われわれと或る他人との関係では、自分のほうの秤の皿にほんの小量の不当をのせると、友情の正当な釣り合いのもどってくることがよくある』

この言葉は、人間関係を築く上で頭に入れておきたい言葉です。

人は誰でも、自分に有利なように物事を運ぼうとしてしまいがちです。

しかし、本当の友情というのは、自分が不利になったり犠牲になってもいいと思えるような関係だと思います。

また逆に言えば、そう思えない相手とは本当の友情を築くのは難しいでしょう。

そしてこの言葉は、自分が対等と思っているときは、相手は不当と思っている可能性があるということも教えてくれています。

自分が不当と思うくらいの方が、相手にとっては対等と感じることができて、ちょうどいいのかもしれません。
メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
リンク
おすすめFX会社    (トラリピ)

マネースクウェア・ジャパン

特許取得の取引注文「トラップトレード注文」が出来るのはここだけ!

おすすめFX会社    (通常取引)

DMM FX

口座数国内No.1!今なら口座開設で20,000円キャッシュバック中!

外為オンライン

過去5年連続年間取引高No.1!情報力に定評ありです!

おすすめクレジットカード

楽天カード

8年連続顧客満足度No.1クレジットカード!

楽天カード

おすすめの本      【自己啓発】
おすすめの本      【経済・投資】
 | 不動産トップ営業マンの自己啓発と資産運用TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX