大手不動産トップ営業マンの私まーすけが、人生においてためになるであろうことを偉そうに語ってます・・笑
2017/11/01(水)02:07
とあるお話。

ある人が3人の石を積む職人を見かけました。

彼は最初の1人に「あなたの仕事はなんですか?」と聞きました。

「見ての通り、石を積むことです」というのがその答えでした。

2人目の職人に同じ質問をしたところ、彼はこう答えました。

「建物を作ることです」

3人目の職人はこう答えました。

「私の仕事ですか?私の仕事は大聖堂を作ることです」

この中で最もやりがいを感じて楽しく働いているのが3人目の職人であることは言うまでもないでしょう。

目的意識が違ったり、全体における自分の役割が理解できているか否かで、モチベーションや仕事の質は大きく変わってきます。

3人目の職人は、自分の仕事を大聖堂を作ることと考えているので、もし近くで粘土をこねる人間が困っていたら、それを手伝うかもしれません。

しかし1人目の職人は、おそらく他の仕事をしている人が困っていたとしても、手伝うことはないでしょう。

自分自身のモチベーション、あるいは人に仕事をお願いする際にいい結果を残してもらうためにも、仕事の目的と自分の役割は、しっかりとおさえておきたいものです。
2017/07/13(木)01:38
愚かな人は、賢い人が言っている言葉にすら学ぼうとしないのに、賢い人は、愚かな人が言ったその一言にも、学ぼうとします。

これは単に姿勢(意識)の違いです。

わかりやすくするために、愚かな人と賢い人という言葉で表現しましたが、要は賢い人は学ぼうとする姿勢を常に持っているので、どんな人が言った言葉でも学ぶことができるということです。

ではなぜ違いが生まれるのでしょうか。

それは人それぞれの「向上心」と「素直さ」の違いが生み出すものだと思います。

向上心があればどんなことでも、学ぼうという姿勢を持つことができ、素直さによって、プライドを捨て、教えてもらうという謙虚な姿勢を持つことができます。

新入社員を何人も見てきて思うのは、この二つの要素を持っている人は、よっぽど能力がない人でない限り、速いスピードで成長しています。

さらに言えば、残念ながら能力が低くても、向上心と素直さを持っていれば、少なくとも先輩に可愛がってもらえます。

先輩に可愛がってもらうことができれば、いろんな意味で自分のポジションを確立でき、社会人生活を楽しむことができるでしょう。

もう一度言います。

社会人として成功するための最大の武器は「向上心」と「素直さ」なのです。
2017/06/15(木)00:23
「人材ではなく人財」などということをよく聞きますが、実は4種類の人材があることをご存知ですか?

「人罪」「人在」「人材」「人財」です。

「人罪」は、罪な人ですから、トラブルを起こして人に迷惑をかけたり、パワハラ・セクハラをしたり、会社や人の悪口ばかり言ったりするなど、会社にとって良いとは言えない人です。

「人在」は、存在する人ですから、ただそこにいるだけといった人です。

「人材」は、材料ですから、仕事はきっちりできて、技術も知識もありますが、もし辞めてしまっても他の人で補えるような人です。

「人財」は、財産となる人ですから、代わりはいないような、会社にとって貴重な存在の人です。

さて、あなたはどれに当てはまりますか?

人財になんてなれないと思った人。

人財になることは実は決して難しいことではありません。

「人間性」と「目的」さえしっかりと持っていれば、その会社の人財になれるはずです。

人間性が高い人は人罪になることは避けられますし、しっかりとした目的を持っている人は人在や人材になることはないでしょう。

目的を持っていれば意識が変わり、意識が変われば行動(態度)が変わり、行動が変われば人の見る目が変わります。

どうですか?何となくイメージできた方もいるかと思いますが、決して難しいことではないのです。

今一度、自分の人間性と今の仕事をしていることの目的を考えてみてください。

明日からの行動が変わるといいですね。
2017/05/30(火)12:12
目標を達成するために以下の順序で取り組んでみてください。

①なぜあなたはその目標を達成したいのですか?

②その目標はあなたの現状に対して、低すぎる可能性はありませんか?

③達成したい目標と現在の状況を比較すると、どのようなギャップがありますか?

④そのギャップを埋めるには、どのような課題が考えられますか?

⑤そのうち上位3つの課題は何だと思いますか?

⑥課題を達成できたかを定量的に振り返れるように課題を数値に置き換えるとどのようなものになりますか?

⑦その数値をクリアするためにどのような解決案が考えられますか?

⑧解決案の中で、効果・時間・気軽さの3つの観点から優先順位を決めると、どうなりますか?

⑨⑧で優先順位が決まったら、さぁ行動を始めましょう!!
2017/05/24(水)05:27
人は自分の経験や知識(記憶)をもとに、「これくらいならできそうだ」「これはさすがにできない」などと、自分の可能性に上限を設けようとします。

しかしそれは自分の可能性を制限しているだけで、実はやってみると出来たりすることも多々あります。

チャレンジする人は、次々と新しく出来るという経験(記憶)が身につくので、可能性が広がっていきます。

有名なノミの実験の話はご存知でしょうか?

本来2mジャンプできるノミが、数日間、高さ50cmのカバーをかけられると、外したあとも50cm以上飛べなくなるというのです。

そして50cmしか飛べなくなったノミを再度2m飛べるようにする方法は、その場に2m飛べるノミを投入するだけなのだそうです。

要は、自分にかけている制限は、ただの記憶であり、限界とは本人の思い込みに過ぎないということなのです。
メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
リンク
おすすめFX会社    (トラリピ)

マネースクウェア・ジャパン

特許取得の取引注文「トラップトレード注文」が出来るのはここだけ!

おすすめFX会社    (通常取引)

DMM FX

口座数国内No.1!今なら口座開設で20,000円キャッシュバック中!

外為オンライン

過去5年連続年間取引高No.1!情報力に定評ありです!

おすすめクレジットカード

楽天カード

8年連続顧客満足度No.1クレジットカード!

楽天カード

おすすめの本      【自己啓発】
おすすめの本      【経済・投資】
 | 不動産トップ営業マンの自己啓発と資産運用TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX