FC2ブログ
大手不動産トップ営業マンの私まーすけが、人生においてためになるであろうことを偉そうに語ってます・・笑
2019/01/30(水)13:35
私が最初に社会経験をしたのは、大学生の頃の焼き肉屋でのアルバイトでした。

新店だったので、社員・アルバイトも含め、全員同じスタートラインからの始動・・

根が真面目な私は、誰よりも働き、誰よりも生産性の高い仕事をしていたのだと思います。

というより、他の人たちはとにかく働かないし、仕事を選ぶ。

私はすぐに仕事を覚え、気付いたらバイトリーダー的な存在になっていましたが、と同時に一緒に働く人たちに苛立ちを覚えるようになります。

そしてこれと同じようなことがどこでどんな仕事をしても、感じるようになってしまいました。

単刀直入に言うと、私はどこに行っても誰よりも仕事ができてしまうため、他の人と一緒に働くと、必ずストレスを感じてしまいます。

それはそうですよね、同じ時間働いて私の方がはるかに生産性高い仕事をして会社に貢献しているのに、給与はほとんど一緒なわけですから。

だから、今働いている不動産の仲介業は、一人ですべてを完結させるうえ、やったらやった分だけしっかりと還元があるから、楽しく長い間働けているのだと感じています。

しかし、会社でも役職者になり、オーナーとして飲食店を始めると、違うタイプのストレスを感じるようになります。

教えても教えても、やはり自分のようにできるようにはなりません。

そして何より感じるのは、私はその教えてる人たちのことがまったく理解できないのです。

こんな簡単なことが何故できないのか、何故しようとしないのか、何故気付かないのか、何故同じ失敗を続けるのか。

毎日なぜ、なぜ、なぜの繰り返しです。

よくスポーツの世界では、名選手は名監督にはなれないと言います。

このことが今100%全力で理解できます。笑

名選手は自分が出来るから、出来ない選手が何故できないのかがわからないのです。

私は人と一緒に働いていると、このストレスから一生抜け出すことはできないと思い、一人で無限に出来る仕事を考えるようになり、今やっていることや考えていることに繋がっていくわけです。

確かに誰かと何かを成し遂げることは、一人で何かをやり遂げることよりも喜びは大きくなります。

しかし、私の今までの人生経験では、その喜びよりもはるかにストレスの方が上回っているように感じます。

喜びは一瞬ですが、ストレスは付きまといますしね^^;

私と同じようなことで悩んでいる人がいたら、こういう考えや仕事もあるのだと、思っていただけたら幸いです。
2018/10/17(水)21:20
私は今まで4回も転職し、4つの業種を経験しましたので、履歴書は真っ黒です^^;

なぜこんなに転職したのか。

それは、多くのことに興味があり、成長意欲が強く、飽き性だからです。

昔から人よりも器用なので、新しいことを始めてもすぐに仕事を覚え、人よりも早く結果を残してしまうため、仕事に慣れるのも早い分すぐ仕事に飽きてしまいます。

石の上にも三年という言葉がありますが、この言葉はハッキリ言って時代遅れです。

現在の時代の変化のスピードは昔とは比べ物になりません。

1年あれば、十分その仕事のほとんどを身に付けることができる環境と情報が整っています。

そして飽き性というのは、決してネガティブなことではありません。

慣れるのが早く、余裕ができるために飽きてしまうのです。

こういう人たちにとっては、どんな分野でも80点取れるレベルに達するのは、それほど難しいことではありません。

逆にどんな分野でも100点を取れるレベルに達するのは、多くの時間と労力を要します。

しかし今の時代は、80点を取れる分野を多く持っていることの方が、強みになります。

スティーブ・ジョブスは「点と点をつなげていくと、いつの間にか線ができる」という言葉を残しています。

80点の多くの点を持つことで、それらが組み合わさって、いつの間にか100点以上の線ができるということです。

一つの分野を極めようと努力している人も凄いと思いますが、そういった絶対的なものを持っている人の方が少ないでしょうから、多くのことに興味を持ち、多くのチャレンジをし続けましょう!!
2017/12/19(火)18:08
今の仕事は好きではないし、やりたいことではない。

こういった話をよく耳にします。

では仕事を好きになる方法ってあるのでしょうか。

人は何かに没頭することができた時に、その没頭したものを好きになります。

例えば、ファミコンに没頭した人はゲームを好きになります。

ギターに没頭した人は音楽を好きに、読書に没頭した人は本を好きに、といった具合です。

そして例えば営業に没頭できた営業マンは、仕事を好きになれるでしょう。

「仕事が好きだから、営業に没頭する」のではなく、「営業に没頭したから、仕事が好きになる」のです。

私も、もともと不動産が好きなわけではなく、営業に没頭したから、不動産の仕事が好きになったのです。

「好き」という感情の前には、必ず「没頭」があるはずです。

つまり、仕事が嫌いだと思っている人は、仕事に没頭した経験がないだけの話なのです。

では、どうすれば没頭することができるのでしょうか?

私の経験から言えることは、自分で考えルールを作りゲーム化してしまうことです。

例えば街頭でのティッシュ配りのような単純な仕事でも、いかに多くの人にティッシュを受け取ってもらい、いかに早い時間でティッシュを無くすことができるか。

自分でルールを決めて、ゲームに勝つために効率の良い配り方を必死に考える。

このゲームに終着点はありません。

気付いたら、ゲームに勝つために、仮説を立て、実践し、試行錯誤を繰り返していることでしょう。

そんな能動的なプロセスの中で、与えられた仕事に没頭することができ、その仕事を好きになることができるのだと思います。

すべては仕事に対する取り組み方の問題であり、やりがいを作るのも自分なら、やりがいを見失うのも自分です。

どんな仕事も楽しくできるのです。
2017/12/14(木)00:13
人を指導する立場になると、人を自分が思うようにコントロールすることの難しさを感じることがあると思います。

人にこうしてほしいと強く思えば思うほど、厳しく言ってしまったり、相手に不快感を覚えさせることが多くなるように思います。

では、どのようにしたらよいのでしょうか。

人は誰もが自分を尊重してほしいという気持ちを持っています。

相手にもっと自分が思うように動いてほしいなら、その人に注目し、尊重し、重要感を持たせることです。

ある心理学者が、どうすれば現場の作業員がより熱心に働き、生産性を上げ、よりよい仕事をするかを調べるためにおこなった研究によると、作業員に関心を示す監督は、もっと働けと命令するタイプの監督よりも大きな成果を上げていることがわったそうです。

そして次のように報告しています。

生産性を上げるためにプレッシャーをかけるやり方は、たしかに一定の効果が期待できるが、最高の結果を出すには作業員の内的なモチベーションを高める工夫が必要であり、一人ひとりが人間として大切にされていると感じる労働環境で、仕事の進め方にある程度の裁量を与えてもらうと、作業員はより良い仕事をする。

人は期待に応えようとする習性があるため、ガミガミ言ってやらせようとするより、期待していることを伝え、裁量権を与えた方が、自ら進んで仕事をしようとするため、よりよい仕事ができるというわけです。

頭でわかっていても、なかなか実行することが難しいことではありますが、人を使う立場にいる人は、このことを心得て、努力する必要がありそうですね。
2017/11/28(火)17:30
仕事は何のためにやってるの?と聞かれたとき、何と答えますか?

おそらくほとんどの方が、お金(生活)のため、家族のためと答えるでしょう。

私は仕事は必ず目的や目標を持ってすべきものであると思っています。

ということは、会社に入社するときから、どういった目的でこの会社に入社するのか、そして何故その会社でなければならないのかが明確でないといけないと思うのです。

ただここでは、既に目的を持って会社を選べなかった方で、モチベーションが上がらないけど会社を辞めることも考えていないという方に向けて、今の会社で「仕事ができる人」になるための方法をお教えします。

それは、、小さな目標を設定し、それを達成し続けていくことです。

ポイントは決して大きく難しい目標でなくていいということです。

小さな、そして少しの努力で達成できるくらいの目標が良いのです。

小さな目標でもやり遂げれば必ず達成感があります。

やり終えたことで満足感を覚え、嬉しくもあり、誇らしくもあるでしょう。

大脳生理学からみても、こうした達成感を得ると、脳内にはエンドルフィンという物質が放出され、このエンドルフィンは気分を高揚させ、より創造的にし、自信を深めさせてくれると言われています。

そしてまた次も頑張ろうという活力を得ることができます。

これが「仕事ができる人」の成功の秘訣なのです。

つまり、やり遂げる→達成感→次への活力→再びやり遂げるという成功サイクルを得ることで、日々の疲れを知らない行動力になって表れるのです。

そして勝ちグセが付いて、いつの間にかやり遂げることが当たり前のことになったら、既に「仕事ができる人」になっているということです。

目標を少しずつ大きなものに変えていっても、やり遂げることのできる自分に変わっていることでしょう。

まずは小さな目標を立て、小さな達成感を得ることを心がけてみてはいかがでしょうか。
メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
リンク
 | 不動産トップセールスマンの自己啓発と副業TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX