FC2ブログ
大手不動産トップ営業マンの私まーすけが、人生においてためになるであろうことを偉そうに語ってます・・笑
2018/06/12(火)19:57
今日はサッカー日本代表について、書きたいと思います。

今の日本代表については、みなさんそれぞれ意見があると思いますが、私は超悲観的に見ています。

まず、監督。

はっきり言って何を言っているのかわかりません笑

記者やインタビュアーへの受け答えが、的を得てなさすぎて不安を覚えます。

大丈夫ですかね、あの監督で^^;

まだハリルの方がマシだったかと。。

戦術がまったくないのも気がかりです。

見てると実績ある選手や有名な選手をかき集めて、そいつらに任せるのが戦術ですと言わんばかりです笑

だから貴重な毎回の試合は、何も得ることなく、なんとなく終わってしまいます。

はっきり言って日本人は、個人技や身体能力を使って一人で得点を挙げることのできる選手は皆無です。

でもそれは遺伝子上仕方のないことなので、であれば組織的かつ戦術的に戦うしかないわけです。

例えば、いつかのギリシャが成功したように、後ろをしっかり固めて前線に早い選手を揃えてカウンターを狙うとか、体力勝負でキックオフと同時に前線からハイプレッシャーをかけ続けて、相手のミスにつけこむとか、日本人しかできない組織的かつ戦術的な戦い方があるはずです。

ハッキリ言って、海外の日本人で成功したといわれる選手たちはみな、メッシやロナウドのように一人でどうにかできる選手ではなく、周りのレベルの高い選手たちをうまく使うことによって成功した選手ばかりです。

だから全体のレベルが下がる日本代表では、なかなか活躍できない。

それを監督はじめ、選手自身も理解できてないのではないかと思う。

確かに日本サッカーのレベルは上がり、海外で活躍できる選手が増えてきたのは事実ですが、そこで天狗になっているのが今の状況であって、今だからこそ謙虚に冷静に客観的に自分たちができることできないことを見つめなおすべきだと思う。

では、どのような戦い方が、日本代表に合っているのでしょうか。

私は、規律された組織的な守備と豊富な運動量でハイプレッシャーを前線からかけ続け、奪ったら早くゴールを目指すようなサッカーが日本人には向いていると考えています。

しばしば日本らしいサッカーは、テクニックを生かしてコンパクトにつなぐサッカーだ!という人を多く見かけますが、日本の場合それをやってしまうと、つなぐことはできるが、最後の個人技や精度が足りずシュートまでいけないということになるでしょう。

アジアレベルであれば、それが通用しても、世界では通用しないということです。

世界を見ているのであれば、この戦術はまず使うべきではない。

日本人の良いところは、規律性があって、運動量豊富で、俊敏性があるところだと思います。

そういった長所を最大限に生かせるような戦術で戦ってほしいですね。

今日はパラグアイ戦がありますので、期待はしていませんが、厳しい目でみたいと思います^^

最後に実は私も少年サッカーのコーチをしていましたが、今までの代表監督で最も好きだった監督はオシムさんです。

今回は監督や戦術について書きましたが、次回は選手メンバーについて書きたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rich8.blog92.fc2.com/tb.php/552-62192327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
リンク
 | 不動産トップセールスマンの自己啓発と副業TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX